TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 古城 隆/DADA CuBiC

 

卓越したデザインセンスと技術力で多くのお客様や美容師を魅了している『DADA CuBiC』クリエイティブ ディレクターの古城 隆さん。デザインへのこだわりやコンテストに対しての考え方、若い美容師さんへのメッセージ、美容業界への想いなど、言葉の1つひとつから古城さんの揺るぎない信念を感じたインタビューをお届けします。

ライター 森永 泰恵 | カメラ 山 美津留 | 配信日 2023.2.20

「質」を大切にし、「エネルギー」を全力で注ぐことが大事

デザインをする上で大切にしていることは何ですか。

僕はサロンワークでもクリエイションでも、「質」を大切にしています。美容師は常に人に対してデザインをするのですが、そこには常に「自分との戦い」が存在しています。

サロンワークでは限られた時間の中でどこまで「質」を高められるか、クリエイションでは自分を表現する上でどこまで「質」を磨き続けられるかという戦いがあり、「質」とは人の気持ちを動かすものだと思っています。

僕は「エネルギー」という言葉をよく使うのですが、たとえばクリエイションにチャレンジするからいつも以上にエネルギーを注ぐということではなく、クリエイションもサロンワークも、そこに注ぐエネルギーに変わりはありません。


クリエイションというと、奇抜なことをやるぞと構えてしまう人が多いかもしれませんが、クリエイションは自己表現なのでスタートもゴールも自由。

ただ、何を大事に考えてクリエイションするのかを自分の中で「核」として持っていることが何より大切だと思います。

僕もクリエイションを始めた当初は、奇をてらった奇抜なものがクリエイション、というイメージを持っていた時期がありましたが、続ければ続けるほどサロンワークとクリエイションは自然につながっているものだと感じるようになりました。


ビジュアルは見ず、「言葉」をヒントに着想

何からインスピレーションを受けてデザインを考えていますか。

色々な方の話から聞こえてくる言葉からエネルギーをもらい、デザインのヒントにすることが多いです。

ファッションデザイナーの方の言葉であったり、普段、お客様と話をしている時に聞く言葉であったり。

みなさん僕とは全然違う職業なのですが、本物と呼ばれるような一流の仕事をされている方と話をしていると、大切にしている価値観が同じであることをつくづく感じます。

うまく伝えるのが難しいですが、デザインの発想の源のようなものを周りの方の言葉から感じ取ることが多いですね。

なので、写真集などのビジュアルはあまり見ないのですが、最初からそうだったわけではありません。

美容師として色々なものを見て段階を経た結果、だんだんそうなりました。


カッコいいものをつくれる美容師さんはたくさんいらっしゃると思いますが、そこからさらにもう1段、上に行けるかどうかが勝負です。

1人のデザイナー、クリエイターとしてステップアップし、他の人とは違う存在感を出すためには、自分を客観視する力と察知する力、この2つが鍵になってきます。

何回練習してもなかなかうまくならない、バランス感覚が良くならないということもあると思いますが、それは自分を客観視できていないために重要なポイントに気づけていないことが原因だったりします。


自分を助けてくれる基礎をしっかり身につけることが大事

古城さんはなぜ、カッターの道に進んだのですか。

当時『DADA CuBiC』ではカッターとカラーリスト、どちらかを自分の希望で選べる状況にあったことと、僕はやはりカットが好きだったので、カッターの道に進みました。

子どもの頃から手で何かをつくることが好きでしたし、ハサミという道具を持って自分の手の感覚で形をつくるというアナログさが好きなんでしょうね。

最近はカット同様、手で何かをつくるという意味で陶芸にチャレンジしてみたい気持ちが湧いています。山にこもって基礎からやってみたいです。


デザインを作り上げていくにあたり、とにかく基礎が大事だと考えています。

基礎が自分を助けてくれるのではないでしょうか。今は基礎を身につけるための時間や工程を省略してデビューを早める傾向にあります。

デビューまでに時間をかけすぎるとモチベーションが保てずスタッフ教育が難しくなるため、教育カリキュラムを合理化せざるを得ない時代が来ていますが、本物志向の美容師を育てようとするならば、いずれ教育の大切さに立ち返る時が来ると思うんです。

基礎というと地道でなかなか前に進めず、退屈なイメージを持たれやすいですが、長い目で見た時、基礎をしっかり身につけていれば自由にデザインできるようになるので、基礎は本当に大事です。


古城 隆(コジョウ タカシ)

1980年、大分県出身。大村美容専門学校(現・大村美容ファッション専門学校)卒業。地元のサロン1店舗を経て2000年、『DADA CuBiC』に入社。2005年より「D.D.A.」(DADA DESIGN ACADENY)の講師に就任。2019年、2021年JHA大賞部門グランプリ受賞。

DADA CuBiC

1997年、東京・原宿で創業。カット、カラーのスペシャリストが在籍し、高い技術力とセンスで多くのお客様から支持を集める人気サロン。
2003年、「D.D.A」が開校教育にも力を入れ、業界の発展に寄与している。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。


TOPページへ戻る