TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 内田 聡一郎/LECO

 

外見と内面、両方を兼ね備えた先に「美しさ」がある

今の時代が求める「美しさ」とは、どのようなことだと思いますか?

最近、「well being」という言葉が流行っています。
身体的・精神的・社会的に良好な状態にあることが幸福につながるという考え方で、僕も仕事において意識している言葉です。美しさは外見的なことだけではなく、内面的に心が豊であるか、人に対して利他的であるか、そういうことも美しさにつながってくると思います。
今は外見やセクシャリズムなどを理解した多様的な考え方が広まったので、顔が整っているから素敵だという概念ではなくなってきています。外見とキャラクターや感性がマッチして初めて素敵だという評価になるのではないでしょうか。
僕ら美容師は外見を磨くお手伝いをしていますが、今後は、お客様に対して内面がきれいになっていくヒントもお伝えできるような存在になれたらいいなと思います。


当たり前を見直し、新しい価値が生まれる時代に

美容業界は、今後、どうなっていくと思いますか?

美容業界に限らず、今は色々なものが是正されていく過渡期なのだと思います。おかしいと思うことを声に出しやすくなりましたし、それを受けて是正されることも多くなってきました。「あれ、これおかしいな?」と思うことは徐々になくなりつつあるのではないかと思います。
教育カリキュラムもここ数年ですごく変わりました。教える側も教えられる側も、感覚がずいぶん変わったと思います。戦略の面でも、これまで当たり前とされてきたことに対して「本当に当たり前なの?」という議論が生まれることもあります。
今は自分が思っていることをSNSなどを通じてダイレクトに色々な人に伝えられるので、それによって新しい価値が生まれやすいのだと思います。僕はそれはすごくいいことだと思っていて、たとえば政府が美容師の国家試験科目の見直しを厚生労働省と協議して進めていくというニュースを聞き、世の中の声が大きな山を動かす時代になったことを感じました。美容業界がもっとよくなるような変革があることを期待しています。


あえて情報を取らないことも大事

若い美容師さんにメッセージをお願いします。

今は、情報は取りに行けば大抵のことが見つかる世の中です。しかし、答えが多すぎるゆえに情報過多になり、結局自分は何をしたいのだろうか?と迷うことがあります。
僕は、その時々のタイミングで情報を取りに行く時もあれば、あえて取らない時もある、自分のリズムで物事を捉えられるような自分でいられたほうがいいのではないかと思います。今の10代20代はインターネットネイティブなので、インターネットに書いてあることに影響されやすく、日々自分が思うことがブレやすい傾向にあります。それが原因で心がすさんでしまう人もたくさんいるのではないでしょうか。

時にはあえて情報を取らない時間をつくり、情報過多の日常から少し距離を置く時間も大事だと思います。
自分のメンターや、自分がすごくカッコいいと思う近くにいる大人を見つけて、その人とより一緒に時間を過ごしてみるなど、インターネット全盛時代だからこそ改めて、スマホの中よりも周りの人に目を向けてみるといいのではないかと思います。


 



若手スタイリスト・理美容学生応援し、理美容のこれからの未来を創造する
「The HAIR Movement For Challenge」
(理美容×音楽コラボプロジェクト)のアンバサダーにもご就任頂きました。

詳しくはこちらへ https://www.your-box.jp/study/


内田聡一郎(ウチダソウイチロウ)

1979年、神奈川県出身。国際文化理容美容専門学校卒業。横浜市内のサロンを経て『VeLO』のオープニングに参加。2009年より『VeLO』の姉妹店『vetica』のクリエイティブディレクターに就任。2018年3月、『LECO』を設立。サロンワークの他、雑誌撮影、クリエイティブ活動、セミナー講師、商品開発など多方面で活躍中。

LECO

流行に敏感な若い世代を中心に多くの顧客を抱える。エッジの効いたデザインで新しい自分が見つかる場所。2020年4月には浦さやか氏と共に『QUQU』を設立。2021年3月、『LECO oben』を、2022年3月、『LECO odd』を設立。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。


TOPページへ戻る