TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 内田 聡一郎/LECO

 

渋谷系カルチャーを牽引し、常に美容界のトップを走り続けている『LECO』代表の内田聡一郎さん。20代、30代、40代、それぞれの世代でやっておくべきこと、やりたいことを提唱し、これからの美容業界を展望しつつ、美容師として、経営者としてどう進むべきかを熱く語っていただきました。

ライター 森永 泰恵 | カメラ 山崎 美津留 | 配信日 2022.3.3

コロナ禍で、美容師のキャリア形成のスピードが速くなっていると感じています

以前、「若手美容師(20代)がやっておくべき7つのこと」を提唱されておられました。コロナ禍によってそれは変化しましたか?

根本的にはこれは本質だと思っているのでコロナ禍であっても変わりはありませんが、コロナ禍になってすべてのスピード感が速くなったと感じています。もしかするとこの7つのことは20代というより10代後半でやっておいたほうがいいのかもしれません。それくらいすべてが前倒しになっていると思います。
サロンに入って一人前になり、トップスタイリストになり、代表になり、そして独立するというキャリア形成の段階が5〜10年くらい前倒しになり、僕の周りでも20代後半で独立する人が当たり前にいます。それに憧れている若い子もたくさんいて、とにかくすべてが駆け足で時間が過ぎているように思います。
今は情報を取りにいきやすいインフラが整っているので、僕が20代後半の時には考えもしなかったことを、今の20代のほとんどが当たり前に考えるようになっています。
50代になった時に燃え尽きてしまうのではないかと心配になるくらいです。もっとゆっくりと着実な歩みを進めてもいいのではないかと思います。


内田流 30代でやっておくべき5つのこと

「30代でやっておくべきこと」は、どうお考えですか?

僕が30歳の時は『vetica』のクリエイティブディレクターとなり、38歳で『LECO』をオープンしました。そこを振り返りつつ、僕なりに5つのポイントを挙げてみました。


― 1.斜めの関係をつくる
20代は先輩や上司にかわいがってもらって縦のつながりをつくり、同期や同級生と一緒にコミュニティをつくって横のつながりをつくることが大事です。
30代になるとある程度経験を積んだ上で、全然違うジャンルを模索することが大事になってきます。

自分の元々のフィールドと違う、「斜め上」な人間関係や出会いをつくっておくといいと思います。
20代でがんばって美容師としてある程度キャリアを積んでいることが前提になりますが、たとえば僕の場合はラジオで美容師対談をしたりしていました。それも斜めな関係かなと思います。
美容師としてキャリアを積んできているのをベースに、違う業界でがんばっている人とつながっていく感覚は、僕はとても大事だと思っています。
日々サロンワークをする上で美容業界以外の方とつながるのは一見難しそうですが、SNSや、コロナ前であれば食事の場などで「自分はここにいるよ」と手を挙げていれば、向こうから自分を見つけてくれることもあります。
違うフィールドの人に自分からも行きつつ手も挙げていると、少なからずつながりは生まれてきます。
それを意識することが大事です。


― 2.向き、不向きを知る
これは30代に入ってからすごく大事なことです。
20代はがむしゃらに何にでも首を突っ込み、教えられたものに対して基本はYESの立場で突き進むという姿勢でいいと思います。
30代になると、プレイヤーとしての自分を極めたいのか?
裏方としてマネージメント業に軸足を置きたいのか?
自分は商品開発に長けているのではないか?…、
そういうことが次第に見えてくるようになります。
20代で色々失敗したことを経て、30代は自分の好き、嫌いや、それに伴って向いている、向いていないを知るのに大事な時期です。まだまだチャレンジも必要な年齢ではあると思いますが、前述のように業界的にキャリア形成が早くなってきているので、20代から30代にいくにあたって、より戦略的に自分がどこに特化していくのか、自分のポジションは何なのかを知り、向き、不向きをしっかり把握することが大事です。それによって自分の未来を見据えることもできると思います。


― 3.本を読む
僕は20代から比較的よく本を読んでいましたが、30代ではより重要です。オンラインでも電子書籍でも何でもよいのですが、本を読むことで何かの知見を貯蓄していくことが大事です。自分が学習したものを集積し、周りの人にアウトプットしていくことを繰り返してみましょう。僕も本を読んで様々な影響を受けました。
インプットするとアウトプットする場所が欲しくなります。まず本を読んで頭を整理すると、自分は何に向かったほうがいいのかも整理できます。
本は過去のすべての知見が入っているものだと思うので、僕は時間があれば読んでいます。ビジネス系はもちろん、小説、エッセイ、写真集、なんでもいいと思います。本はしっかり編集されていて1つの情報としてまとまっているものなので、やみくもにネットで情報を探すよりも、本を1冊読んだほうが知識がより深まります。自分の好きな作家を見つけて、その人の文章構成や表現方法、ストーリー性などに没頭するのがおすすめです。
小説なら、僕は村上春樹さんや桜井亜美さんが好きです。桜井さんはかなり早くからLGBTQ+など性的な問題に切り込んだ小説を書いている方で、僕が読んでいたのは20年ほど前ですが、桜井さんの作品はたくさん読みました。村上龍さんも読みましたね。あとは海外の写真家の写真集やエンタメ系の本など色々です。オンタイムの情報源として雑誌もよく読みます。僕は1人っ子だったので家庭の中で本を読む環境が自然にあったことも影響しているかもしれません。今も仕事の帰り際に本屋さんに寄って、1時間くらい立ち読みしたり何を買おうか迷ったりしています。


― 4.お金の知識をつける
20代は朝から夜まで懸命に仕事をして日々、駆け巡り、後ろを向くタイミングがなかなかありません。
僕も20代が終わって30代になった時にふと、「お金のことは全然考えてなかった」と思いました。自分がどんな人生を送りたいのかを考えた上で、どれくらい貯蓄したほうがいいのか?貯蓄をするために自分のライフスタイルをどうすればいいのか?
投資も含めどんなお金の使い方をすればいいのか?
そういうことを考えるのがこれからの時代は特に大事になってきます。

うちのスタッフにも「30代になったらお金のことをちゃんと考えておいたほうがいいよ」と言っています。本を読んだり、YouTubeを見るのもいいと思います。わかりやすく説明をしてくれている動画がたくさんあります。
お金のことをまったく意識せずに過ごしていると、30代半ばになった時に「結婚したいけれど、全然お金がない!」ということになりかねません。
お金の余裕は心の余裕。30代になったらお金の知識をつけておくことをおすすめします。


― 5.副業をしてみる
「20代は美容に前のめりになり、死ぬほど練習するべき」と言っていますが、30代になっても引き続きそれはもちろん続けつつも視野は広がってくると思うので、今まで考えてなかったことに着手してみましょう。
それがいちばんわかりやすいチャレンジです。
僕の場合は20代からDJを副業としてやっていました。
自分の趣味を開花させて新たなキャッシュポイントを創出すると、多角的に自分の人生について考えられるようになります。今は特に5年先のことは誰も予想つかない時代ですから、どんな時代でも食いっぱぐれないよう、自分のアビリティーを増やしていくことが大事です。
美容師の在り方もかなり多様化してきました。
今までの美容師のキャリア形成とは違う視点から切り込んで成功している人もいます。美容師として今までやってきたことプラス、違うところに一歩踏み出してみるというのも大事なことです。
まだ40代ではないのでトライ&エラーができると思います。やってみたけれど違ったかなと思ったら引き返せる時期。30代の時にそういうことをやっておくといいと思います。
本業をしっかりやった上でのことですが、『LECO』も副業OKです。イラストの仕事をしているスタッフもいます。

内田聡一郎(ウチダソウイチロウ)

1979年、神奈川県出身。国際文化理容美容専門学校卒業。横浜市内のサロンを経て『VeLO』のオープニングに参加。2009年より『VeLO』の姉妹店『vetica』のクリエイティブディレクターに就任。2018年3月、『LECO』を設立。サロンワークの他、雑誌撮影、クリエイティブ活動、セミナー講師、商品開発など多方面で活躍中。

LECO

流行に敏感な若い世代を中心に多くの顧客を抱える。エッジの効いたデザインで新しい自分が見つかる場所。2020年4月には浦さやか氏と共に『QUQU』を設立。2021年3月、『LECO oben』を、2022年3月、『LECO odd』を設立。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。


TOPページへ戻る