TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 田野辺 武/Sou-i hair Tanobe

 
田野辺 武さん/Sou-i hair Tanobe

子供の頃から家業の理容室を継ぐと決めていた。しかし、思春期に反発心が芽生え、心が揺れながらも大学へ進学。そして、時代の流れを感じてようやく理容師になることを決意。5才の年齢差にギャップを感じながらも兄貴的な存在として過ごした専門学校生時代。そこで知り合ったクラスメイトにある大先生のご子息がいた。

ライター 前田正明 | カメラ 更科智子 | 配信日 2013.2.7

決められたレールの上を進むことに反発して大学へ進学

家は祖父の代から理容店を経営していたので、子供の頃からおじいちゃんに家業を継ぐように言われていました。だから、小学校の卒業文集にも「将来は床屋さんになる」って書いていました。高校まではそれがベストの選択だと思っていたんです。ところが、思春期になると少し反発心が出てしまい、浪人して大学に進学しました。青春を謳歌したいというか、尾崎豊さんの歌に感化されて決められたレールの上を進むことに疑問を感じたんです(笑)。でも、興味のあった文学部ではなく経営学部を選択したのは、頭のどこかに家業を継ぐことを意識していたからかもしれません。大学生活では、サークルに入って先輩や後輩たちとの付き合いを通じて人間関係を築けたこと、あるいはホテルでのアルバイトで厳しい社会勉強を積んだことが将来的に大きな経験になったといえますね。

年齢差を感じながらも、真剣に学んだ専門学校時代

卒業後の進路について、実は大学時代もずっと迷いが生じていて、この世界に進もうと決めたのは4年生の時でした。一般企業への就職も考えましたが、すでに不況の時代ということもあり、家業を継ぐ決心をしたんです。専門学校に入学してからは精神的に揺れることもなく真剣に学びました。当然、クラスメイトは年下ばかりでしたがそれは覚悟の上でした。専門学校時代は制服があったので、通学時に社会人の友だちと出会ったり、他の生徒たちと着こなしの違いがあったところに5才の年齢差を感じました。でも実際は、兄貴的な存在として接してくれたので嬉しかったです。私は大卒として威厳を保ちたかったのですが、慕ってくれる反面「おやじ」というあだ名で呼ばれてました。クラスメイトに本田誠一先生の息子の本田真一くんがいたのですが、彼からはよくからかわれましたね(笑)。

家業を継ぐために確かな技術を身につけることが必要

当時は1年制でまだインターン制度があった時代です。本田誠一先生は特別講師として来校されたことがあり、その時に初めてすごい方だということを知りました。そこで、真一くんに頼んで、インターン先のサロンを本田先生に紹介してもらえるようにお願いしました。本田先生のご紹介なら確かだろうと思ったからです。それがマキシムナカイです。当時はカリスマ美容師がブームになる直前で、理容はやや引け目を感じている頃でした。ほとんどの生徒は華やかさのあるユニセックスサロンへの入社を希望していました。でも、本田先生はしっかりした技術を身につければ、将来的に家業を継ぐ際にいい経験になるという考えで、メンズ主体で展開していたマキシムナカイを紹介してくださったんです。私も最初は華やかな雰囲気を求めましたが、やると決めたからには真剣に取り組み、同時に年齢差を埋めてやろうと決意しました。

株式会社 Sou-i代表取締役。神奈川県出身。中央理美容専門学校・理容科、鎌倉早見美容芸術専門学校・美容学科卒業。マキシムナカイに入社し9年間勤務。その後、2007年に独立してSou-i hair Tanobeを川崎市内にオープン。家業である父のサロンと併設する2世帯サロンとして展開する。2012年にSou-i faceをオープンし、地域密着型のトータルビューティーサロンとしてのサービスの他にさまざまな分野で地元に貢献している。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。


TOPページへ戻る