TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 中野泰一/hair&relax chapt.1

 
中野泰一さん/hair&relax chapt.1

家業は江戸時代の髪結い業がルーツ。祖父や父の後ろ姿を見ながら、学生時代に家業の理容店を継ぐことを決意した。実家の理容店を手伝い家族を支えながらも、業績の伸び悩みに憂慮する。その後、結婚を機にリニューアルを目指して集客アップを図る。そこから夫婦二人三脚の奮闘がスタートした。

ライター 前田正明 | カメラ 更科智子 | 配信日 2012.12.6

江戸時代の髪結い業がルーツの老舗理容室

私の祖父が今の場所(横浜市鶴見区)で理容室を開業し、さらに父の後を継ぐ形で理容師になりました。実は郷里の新潟に帰省した時に江戸時代から髪結い業を営んでいたことを知り、過去帳を調べると読み取れる範囲だけでも私で5代目にあたることが分かりました。親戚も理美容業に従事している人がほとんどです。そんな環境で育ったので、何となく理容師になるんだろうなぁとは思っていました。ただ、子供の頃は「床屋の息子」と言われることが恥ずかしくて、反発心を持っていました。昔は店構えも内装もいかにも「昔ながらの床屋さん」といった感じで、大繁盛しているわけでもなく、友達や彼女を家に連れてくるのが恥ずかしかったです。でも、高校生の頃、将来について色々と考えた結果、家業を継ぐのが一番いいと考え理容の世界に進みました。専門学校時代の私は放課後の遊びの事ばかりを考えている、ごくごく普通の学生でした。真面目に練習や勉強をした思い出はあまりありません・・・(笑)。当時はカリスマ美容師がブームで美容科は人気がありましたが、理容科は特に盛り上がっているわけでもなく、ほとんどが家業を継ぐ為に入学した生徒ばかりでした。その頃は、祖父が高齢で父もサロンワークが忙しかったので、早く一人前になって手助けしたいと考えていました。だから、卒業後は他店で修行をせずに、そのまま家業を手伝いました。

研究団体や他店のレッスン会で学んだ新人時代

新人の頃は父のアシスタントがメインで、今どきの技術を学ぶ環境ではありませんでした。そこで、技術的なことは理容の研究団体や他店のレッスンに参加させていただいて学びました。研究団体では接客などいろんな経験談も聞かせていただき勉強になりました。また、ディーラーさんが主催するセミナーにも積極的に参加しました。そこで知り合った先輩たちと交流を深めることができ、自分の目指す方向性をつかんだ気がします。当時の夢は、男性も女性もカットできる技術者になることでした。それと、お店を繁盛させること。しかし、美容と比較して理容業は勢いがなく、この世界で一生やっていけるのか不安はありました。そんな時でも、この職業を選んでよかったなと実感したことがあります。それは、お客さまとのふれあいです。お客さまは年配の方がほとんどでしたが、シェービングやシャンプーを一生懸命させていただくと応援してくれるんです。そんな時は本当に嬉しく思い、やる気が湧いてきました。

リニューアルを目標に基盤作りとして集客を図る

私は理容師になって12年になります。私がお店に入って数年、お店の業績は徐々に伸び悩み、そんな状況を打開したいといつも考えていました。そんな時、2004年の結婚を機に家族を養うことに強い使命感を感じました。妻も通信課程で学びながら家業を手伝ってくれることになり、近い将来にリニューアルしたいという願望が出てきました。でも、リニューアルしたからと言って繁盛するわけではありません。そのための基盤作りが必要だと考え、まずは私と妻のお客さまを増やす事を頑張りました。父親になぜリニューアルが必要なのかを説明する為にも、実績が必要だと考えたからです。数字を示しつつ説明する事で、反対されることもなく納得してもらいました。そして私と妻のお客さまが8割くらいになった時、満を持して2008年にリニューアルしました。大きなサインポールを掲げた昔ながらの理容室では若い人が来店しにくいと思い、リニューアルは従来の床屋さんというイメージを払拭し、店内もメニューも新しい展開にしました。集客面では地元の友人に来てもらいそこから口コミで広めてもらったり、手作りのビラを配布したり、またホームページを作成してPRを行いました。

hair&relax chapt.1代表。神奈川県出身。育生会技術専門学校卒業。理容業を営む家系は江戸時代の髪結いがルーツの老舗。卒業後、稼業を手伝う為に実家の理容店に入り、サロンワークに従事する。結婚後、2008年にリニューアルし、ヘッドスパやシェービングなどのリラクゼーションメニューを充実させて新規集客に成功。また、レディスカットに加え、エステ・シェーブ・ブライダルなどを展開し女性客の獲得にも積極的に取り組む。現在、タカラベルモント「New Men’s Project」の講師としても活躍中。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。


TOPページへ戻る