TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 榊原 章哲/Garland

 

美容師さんが独立せずに会社に残れる仕組みが大事

今後の理美容業界の展望はどうお考えですか?

今、美容室は飽和状態にあります。オーナーになればもっと生活が豊かになるのではないかと思って多くの人たちが出店するのだと思いますが、きちんとしたビジョンの無いお店はだんだん淘汰されていくような気がします。僕みたいに勢いで独立しても、お客様が大勢いらっしゃるような時代ではありません。しっかりと経営の理念を持ち、先のことを考えてやっていく経営者が残っていくでしょう。また、自分で出店するリスクよりも、会社にいたほうがいいと考える人も増えてくると思うので、それに柔軟に対応できる会社が残っていくのではないかと思います。美容室が増えすぎてお客様が分散しているので、正直、一人勝ちは難しいと思います。とはいえ、お客様がたくさん来ているサロンもあるのでやり方次第ではありますが、美容師ではない人たちが新規参入してくることもあります。美容師としての心意気とか技術への思いが強すぎて数字としっかり向き合わないと足元をすくわれてしまうかもしれません。そういう背景を踏まえ、美容師さんが独立しなくても会社に残って豊かになれる、という状況を会社が作ってあげることも大事だと思います。

進化しながら努力し続けることが大事

若い世代の方たちへメッセージをお願いします。

Garlandは最初からお客様が大勢来てくれました。変な話ですが、今考えるとそれがよくなかった。「あ、お客様って来るんだな」と思ってしまったんです。その頃に比べると新規集客は減っているので、そこを生み出すのが今いちばん大変なことかもしれません。お客様は世の中にウケている美容室=行く価値のある美容室でないと来てくれません。その価値の作り方を模索している感じです。ずっと同じではダメで、進化していかなければいけないと思っています。美容師も同じで、長く続けていけばいくほど技術もうまくなりますし、お客様も増えてはいきますが、ただ長く続けるのではなく、感受性を磨いて進化しながら長く続けていくことによって、いい技術者になると思うんです。スタッフにもよく言うのですが、来てくださっているお客様を幸せにするためには、自分の努力がすごく大事だと思うんです。お客様のライフスタイルを理解してサポートするヘアスタイルを作るには、常に勉強や努力が必要です。それがしっかりできる美容師さんが将来活躍すると思います。僕は若い頃、どんなに先輩に怒られても美容師を辞めようと思ったことはありません。むしろもっとがんばってやるぞと思っていました。若い皆さんには、努力を積み重ねてがんばってほしいと思います。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。

榊原章哲(サカキハラアキテツ)
Garland代表。広島県出身。高津理容美容専門学校卒業。2011年、表参道に「Garland」をオープン。現在都内に3店舗を展開。2019年2月、大阪・梅田に新店舗をオープン予定。業界関係者やモデル、芸能人からも厚い信頼を得る。一般誌、業界誌、セミナー、ヘアショーなど多方面で活躍中。

Garland

都会の喧騒を感じさせない、白い一軒家サロン。柔らかい雰囲気のスタイルを得意とし、丁寧なカウンセリングと確かな技術で、幅広い世代のお客様から多くの支持を集める。


TBMG TOPページへ