TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 榊原 章哲/Garland

表参道のおしゃれな一軒家サロンからスタートし、現在3店舗を展開しているGarlandを率いる榊原さん。意外にもバイトに明け暮れた学生生活、25歳でのスタイリストデビューを経て、あることをきっかけに独立を決意。現在も経営学を学び続け、新しい美容室の在り方を追求し続けている榊原さんの経営哲学をじっくりお聞きしました。

ライター森永 泰恵 | カメラ山 美津留

業界誌への憧れから上京することを決意

美容師を志したきっかけは何ですか?

高校3年生の時、進路を料理人、デザイナー、美容師、の三択で迷っていたのですが、料理なら中学卒業から進んだほうがよかったのではと思い、またデザインは難しい大学に進学するべきではないかと考え、美容師がこれから目指すのにちょうどいいと思ったんです。僕たちの少し上の世代の美容師さんたちが雑誌でよく特集され始めた時代で、そんなことへの憧れもあり、美容の道に進むことに決めました。故郷の広島から大阪の専門学校に進学したのですが非常に厳しく、厳しすぎてバイトに夢中になってしまいまして(笑)。ギリギリで卒業した感じです。美容室に1週間勤めるインターンシップのような制度があり、大阪の美容室に行ったのですが、その店の店長に、「将来どういう美容師さんになりたいの?」と聞かれ、「業界誌に憧れているので、そういう華やかな世界で活躍する美容師になりたいです」と話したら、それなら東京に出たほうがいいと言われ、東京に行くことを決めました。


独学からの転職。25歳でようやくデビュー

上京して就職し、どのように技術を磨いたのですか?

一般誌や業界誌を見て東京の美容室をリストアップし、70社くらい電話したのですが、すでに10月だったので新卒はほぼ決まっていました。それでも10社くらいは面接にこぎつけましたが、どこも受からず…。「とらばーゆ」という就職情報誌に載っていた世田谷区の小さな美容室で採用していただくことができ、そこから僕の美容師人生がスタートしました。そのお店は練習会や教育カリキュラムがなかったので、僕は業界誌を見ながら練習をし、営業中に先生の後ろに立って見て覚えるという日々でした。2年半でスタイリストにはなりましたが、不安だらけで、もっと技術を磨きたいという思いと、業界誌に出たいという夢を叶えるため、そのお店を退職しました。そんな時に、たまたまPHASEが募集しているというのを聞き、受けてみたところ、縁あって入社することができました。それが22歳の時で、ここで1から出直そうと決意しました。入社してみたらパーマもカラーも全然違い、見るものすべてが新鮮で。まったく技術が追いつかないので、またアシスタントとして勉強し直しました。カリキュラムがしっかりしている上、僕は不器用だったのでなかなか受からず、デビューするまで3年かかりました。

ネットによる集客に懸けてみたいと思った

独立を決意したのはなぜですか?

華やかな世界への憧れはありましたが、はじめは独立しようという考えはありませんでした。そんな中、お店で一番売上を上げていた先輩が姉妹店を作ることになり、もっとも売上の少なかった僕を引っ張ってくれたんです。その先輩は撮影の仕事をとてもたくさん持っていて、僕は現場について回る日々でした。そのうち自分でも作品を作るようになったのですが、最初はなかなか思うように作れず、よく怒られましたね。悔しかったですが、先輩のようにうまくはできず、ひたすら練習する日々でした。まずは先輩の完コピを目指して必死でマネをして覚えていきました。すると月に40本ほどあった撮影をこなしているうちにだんだん力がついて、完コピだけではなくオリジナリティのある作品も作れるようになりました。ちょっと崩した感じのスタイルを打ち出し始めたら、業界誌をはじめ各方面の方から声をかけていただくようになったんです。そこから撮影の仕事が増えていきました。その後、別ブランドの店舗を任せてもらえるようになり、3年ほど働かせていただきました。ちょうどその頃、情報発信が雑誌からネットに変わる変革期で、集客も雑誌からネットに変えていかないと新規のお客様はなかなか増えないような状態になっていました。そこで、ネットに力を入れたいと考えていたのですが、当時の環境では実現することが難しく、それなら自分でやってみようと思い、独立することにしました。ある程度、教育や数字について勉強はしていましたが、いざ自分でやり始めてみたらたくさんのわからないことに直面して、本当に大変でした。


「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。

榊原章哲(サカキハラアキテツ)
Garland代表。広島県出身。高津理容美容専門学校卒業。2011年、表参道に「Garland」をオープン。現在都内に3店舗を展開。2019年2月、大阪・梅田に新店舗をオープン予定。業界関係者やモデル、芸能人からも厚い信頼を得る。一般誌、業界誌、セミナー、ヘアショーなど多方面で活躍中。

Garland

都会の喧騒を感じさせない、白い一軒家サロン。柔らかい雰囲気のスタイルを得意とし、丁寧なカウンセリングと確かな技術で、幅広い世代のお客様から多くの支持を集める。


TBMG TOPページへ