TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 中澤好夫/vicca

 
中澤好夫さん/vicca

サッカーの世界を断念し、家業の理容室を継がずに憧れの東京で美容師として頑張ろうと決意。高級住宅街のサロンに入社し、熱心に指導してくれる先輩に報いるために練習に励んだ。生来の負けず嫌いでスタイリストにデビューするも、青山界隈の有名サロンのカット技術や接客方法に興味を抱き始めた。

ライター 前田正明 | カメラ 更科智子 | 配信日 2010.10.7

憧れの東京で華やかな美容の世界に飛び込んだ

私の両親は栃木で理容室を営んでいましたが、私は幼い頃からお店を手伝ったり両親の仕事姿を見たりする事がなく、稼業を継ぐつもりはありませんでした。小学1年生から12年間サッカーをしていたので、将来的にその世界にたずさわりたいと思っていたんです。ところが、友人たちにはスカウトが来ていたのですが、私にはお誘いがなく悩んでいました。それが高校3年生の3学期。そこで、時期的なこともあり、サッカーの道をあきらめ、憧れの東京に行くことを決心しました。実は損をする事はないだろうと思い、高校時代に通信課程で理容師の免許を取得していたんです。だから、最初は理容師としてサロンに勤めようと考えていました。ところが、上京して白金台を歩いていた時におしゃれな美容室を見つけて、こんなお店で働きたいと思い、飛び込みでスタッフを募集していないかを尋ねたんです。すると、オーナーさんが心良く採用してくれて勤めることになりました。当時は、まだカリスマ美容師ブーム以前の頃でしたが、上京して華やかさに引かれて美容師になることを決め、通信課程で美容師の免許を取得しました。

生来の負けず嫌いでハードな練習にも頑張れた

当初から、私は自分のお店を持ちたいという将来の夢を持って上京しました。早く一人前になるために、必死で練習しましたね。でも、そのサロンは仕事がハードで営業時間が10時間以上。定休日がなく、幹部の人たちは1ヶ月に1日くらいしか休みがない状態でした。私は早く技術をマスターしたいの一心でしたが、お店のためというよりは熱心に指導をしてくれた先輩に報いるために頑張っていました。その人はチーフで、夜中の1時頃まで練習に付き合ってくれて、翌日の7時には出勤していました。そんな日々がほぼ毎日でしたね。スタッフの関係も体育会系の雰囲気があり、負けず嫌いの私は早く先輩たちを追い抜いて1番になろうと必死でした。今思えば、サッカーをやっていたことで自分にはメンタル的な強さがあったんだと思います。根性で頑張ろうという意気込みで突っ走っていましたね。

青山界隈の人気サロンの仕事ぶりに興味がわいた

そのサロンには約3年間勤めました。スタイリストとしてデビューした時は緊張しすぎて、話した内容もどのようにカットしたのかも全然覚えていません。仕上げをしてお客様に鏡を見せるのが恐かったことだけはよく覚えているんですけどね(笑)。それまでも人頭モデルでカットの練習をしていましたが、さらにモデルハントをしてカットの練習を繰り返しました。それから徐々に仕事ができるようになった頃、青山や表参道のサロンに興味がわいてきました。雑誌を見て、どのようにカットしているのか、どんな仕事をしているのかを知りたくなったんです。当時は、エフェクトカットやスライドカットなど多彩なカットテクニックが注目を集めた時代でした。ところが、そのお店ではそれらのカットテクニックは教えてもらえませんでした。また、カリスマ美容師がブームになった時で、antiの小松利幸さんに憧れていました。気取らない小松さんの人柄に魅力を感じました。私もスポンジを巻いて円すいロッドを真似て作り、研究しましたよ。そのうちに色々な技術を身に付けたくなり、最初のサロンを退職して青山のサロンに入社しました。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。

vicca代表。栃木県出身。東京ヘアビューティ専門学校卒業。1992年に上京。都内数店舗を経て、2002年に某サロンの取締役としてオープニングに参加。2010年7月に完全独立してviccaを原宿にオープン。毛髪構造を熟知し、ダメージレスなカラーデザインやパーマデザインを提供する。再現性を重視し常に新しいヴァージンなヘアデザインを提案している。また、フォトグラファーとしても活躍中。


TBMG TOPページへ