TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 安藤明/BRILLER

 
安藤明さん/BRILLER

理容業の家庭に育ち、将来は家業を継ぐものと子供心に決めていた。そんな幼少の頃、母と一緒に見たヘアショーに衝撃を受け、そのスタイリストに憧れの念を抱く。その人が理美容両方の資格を持っていると知り、自分も将来は両方の資格取得を目指した。そして、学生時代は理容師としてその技術を極めることからスタートした。

ライター 前田正明 | カメラ 更科智子 | 配信日 2010.8.5

子供の頃に見たヘアショーに衝撃と憧れの念を抱く

私の両親は埼玉県で理容室を経営していたので、小さい頃から私も家業を継ぐつもりでいました。子供の頃、母親に連れられて、今でも大変お世話になっています田中秀一さん(サントノーレ代表)のヘアショーに行った時のことです。初めて見た華やかでカッコいいステージに魅了され、衝撃を受けました。子供心に「自分も将来はこうなるんだ」と決意し、田中先生が憧れの存在になりました。その方は理容と美容の両方の資格を持っていると聞かされ、自分も田中先生のようになるために両方の資格を持ちたいと思いました。その後、高校を卒業してから東京理容専修学校に入学。最初は理容師の資格を取り、家業を継ぐためにまず理容を極めようと考えました。

理容学校時代のボランティア・カットが大きな経験に

理容学校に入学すると、当時は私と同じように跡継ぎの人がほとんどでした。学生時代はシェービングの授業が楽しみで、自分がモデルになる時は気持ちよくてずっと眠っていました(笑)。それと、ボランティア・カットの授業もあり、理容学校時代からお客さまの髪に触れることができました。それが、今となってはいい経験だったと思います。当時の国家試験は人頭モデルでカットをしなければいけなかったので、その対策にもなりました。国家試験と言えば、試験当日会場では仕込みをする時間も場所もありませんから、事前にモデルの髪にポマードをたっぷりつけて準備し、申し訳ないと思いながら電車で移動したことを覚えています(笑)。当時の理美容学校は1年制で、インターン制度がありました。卒業してからは、しっかりと教育をしてくれるという両親の勧めで、知り合いの理容室に勤めました。

美容に傾いたのは技術者としてすべてをやりたかったから

そのサロンは地域密着型で、実家と同じような理容室です。私は当初、憧れていた田中先生のサロンに勤めたいと思っていましたが、そこは半数以上が女性客のユニセックスサロン。いずれ家業を継いでほしいという両親の希望で地元の理容室を選びました。でも、3年くらい勤めていくうちに気持ちは美容へと傾いていきました。私は技術者として、男性だけではなく女性を含めたすべてのお客さまにたずさわりたいと思うようになり、男性客だけの理容に物足りなさを感じていたんです。その時、同い年で知り合いだった理容師さんが美容の世界に行くという話を聞いて刺激を受けました。それが、TAYAのMASA君です。努力家の彼ならきっと成功すると思っていたし、自分もいずれは美容の世界に行きたいと思いました。でも、理容師である親をどのように説得すればいいのか悩みました。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。

BRILLER代表。埼玉県出身。東京理容専修学校、東萌ビューティーカレッジ(通信課程)卒業。理容師・美容師両方の免許を取得。埼玉県の理容室で5年半勤務。その後、埼玉県の大手美容室で10年間勤務。その間、APPLE INTERNATIONAL BIG CONTESTに出場し、2006年に第1位、2007年に入賞。その後、独立し2009年11月にBRILLER(ブリエ)をオープン。バリのリゾートホテルをイメージし、お客さま一人ひとりにリラックスして頂けるように癒しをテーマに展開。サロン名の由来は『輝く』で、たくさんの人をいつまでも輝かせ、美容師の自分たちもいつまでも輝いていくという想いを込めている。


TBMG TOPページへ