TBMG - この人から学ぶ成功の秘訣! by タカラベルモント

HOME > TBMG > 川上健壱/AIR FLOW

 
川上健壱さん/AIR FLOW

学生時代の夢は大阪でお笑い芸人になること。父の反対を予想し、別の手段として美容師になりたいと告げる。しかし、猛反発された言葉にやる気がわいて上阪を決意。就職先のサロンで猛レッスンを積むかたわら、数年間はお笑いの世界に入ることをあきらめなかった。しかし、同じ志の相方の就職を機に美容一本で歩むことを決意する。

ライター 前田正明 | カメラ 好川桃子 | 配信日 2009.8.6

美容師かお笑いかを選択肢にする

高校生の頃、島根にいた私は大阪に憧れていました。というのもエンターテインメントの世界に入りたくて、友だちとお笑いの道を目指していたんです(笑)。でも父に、「お笑いの世界に入りたい」なんて言っても許してくれるはずがありません。そこで別の手段として、大阪で美容師になりたいと言いました。このままだと一生を島根で過ごすことになるだろうし、勉強が苦手でサラリーマンになる気もなかった私は、お笑いと美容師という道しかなかったんです。私は元々は理容室派でしたが、高校生になって美容室に通い始めました。そのサロンにいた男性の店長さんがカッコよくて、美容師という選択肢が生まれたんだと思います。当時は須賀勇介さんなどの男性美容師が増えてきた頃でしたから。あくまでも目的はお笑いでしたが、父と口論して「お前なんかに女性を相手にする美容師なんて務まるはずがない!」って言われて負けん気に火がつきました。

しっかりレッスンをして2年目にはスタイリストに

大阪に出て住み込みができるサロンに勤めましたが、勤務先は奈良の支店でした。美容学校は通信課程で学びました。初めの頃は、入社してすぐにカットができると勘違いしていました(笑)。それに、よく失敗もして厳しく怒られた経験もあります。新人の頃から私はヤンチャで問題児扱いされていましたから。入社して数年は、まだお笑いの世界に入る夢をあきらめていなかったので、一人前の美容師になりたいとか独立して自分のお店を持ちたいなんて思ったこともなかったです。いつお笑いに転向しようかと考えていました。でも、サロンに勤め出してからはレッスンなどで時間がなかったので、切り替わるチャンスがありませんでした。こうして、お笑いを目指しながらも美容の技術もしっかり練習をして、2年目にはスタイリストになりました(!)。毎日が勝負なので、レッスン中は他のことを考える余裕がなかったですね。

相方が就職した時点でお笑いの道をあきらめた

最初のサロンは3年くらい勤め、それから心斎橋のサロンに替わりました。大阪の繁華街にあるサロンで店長まで勤め、カジュアルな雰囲気で自由にさせていただきました。ただ、大阪のサロンに替わってお笑いの情報を得ることができるかと期待していたんですが、まったくなかったですね。上阪して以来、大阪にいた相方とも連絡を取り合っていましたが、5年目くらいに彼が企業に就職をした時点でお笑いの夢をあきらめました。これが分岐点でした。彼とは将来の話もしたし、美容の仕事がおもしろくなりかけてきた頃だったのでお互いに納得しての結論です。実は、お笑いをしたかった理由は女の子にモテたかったからなんです(笑)。美容師は、女性客がほとんどで接客中に会話もできるので、このまま美容一本で頑張ろうという気持ちになりました。

「あなたの感想」をお聞かせ下さい。

※上のボタンのいずれかを押すと感想を送信できます。

エアフロー代表。島根県出身。ル・トーア東亜美容専門学校(通信科)卒業。大阪に上阪し、プラザヘア(奈良県)に勤務。その後、大阪市内でBFクラブ、ビュートリアム、神戸市内でステラを経て、1996年に大阪・箕面市でIN THE ROUGHを共同経営。その後、単独経営としてIN THE ROUGHを引き継ぎ、2000年11月にAIR FLOW RAKUENをオープン。'03年に有限会社コンピタンス設立。'06年にAIR FLOW WITH GARDEN、'08年にAIR FLOW ANOTHER LAGOONをオープン。現在、サロンワークを中心に撮影等でも活躍。また、サロン内で和太鼓チーム『山猿』、パフォーマンス集団『DMC』、クリエイティブチーム『PWR』などを展開し、地域密着型サロンとして地元に貢献している。


TBMG TOPページへ